世界一サステイナブルな都市コペンハーゲンでの生活ってどんな感じなの?

コペンハーゲン

サマースクールが行われるコペンハーゲンに着いてから、しばらく時間があったのでロードバイクと共に色々と見て回りました。コペンハーゲンは2度目ですが、前回は旅行だったため今回のような1ヶ月以上の長期滞在と感じるものが違うような気がします。日本を離れて異国での生活は何度か経験していますが、今回の滞在で自分の心に残った主なものを書いてみたいと思います。

自然

北欧はどの国でもそうですが、Downtownから少し離れただけで豊かな自然を感じることができます。今回の私が選んだ滞在場所は Taabaek という小さな町ですが海と森に囲まれていて、まさに自然の中に住んでいるような気持ちになります。AirBandBのホストの家も机や棚など、家の中に存分に木を使っていて本当に気持ちがいいです(日本だと木は高いのでこんなことはできないと思いますが)。小さい頃から豊かな自然の中で育ち、家の中も贅沢なほど木を使っているところで住んでいるから、子供達が大人になっていいセンスを持ち合わせるのかな〜と思いました。

滞在先にある海岸

5分も歩けば森の中

AirBandBの家、木が心地よい

デザイン

自然の続きとしてデザインの話。幼い頃から感性豊かに育った人々が暮らすデンマークなので、建物・食器・日常品等デザイン性に富んだものがたくさんあるのも頷けました。特にダウンタウンではカラフルな建物が軒を連ねていて、どこを歩いていても飽きません。建築も独創的なものが多く、日本ではまず見かけることのできないデザインが数多く見受けられました、どれも素敵です!

有名な建築

図書館がオシャレ

図書館の中も近代的

自転車

デンマークは言わずと知れた自転車王国。私も日本から自転車を持ってきたため、毎日気持ちよく学校に通学することが出来ました。滞在先から学校まで15km弱くらいありますが、道の半分くらいは海岸沿いなのでテンション上がりっぱなしです。笑 また、自転車専用レーンはどこにでもあるので、安心して自転車を乗り回すことが出来ます。ドライバーや歩行者も自転車がいつも周りにあるという認識なので、特に走行しながらひやっと感じることもないです。

町全てにある自転車レーン

My bicycle

Quality of Life

これはデンマークだからというわけではないのですが、大自然に囲まれて毎日を過ごすことが今までの人生でほぼなかったため、東京で生活することを考えさせられました。便利でなんでも揃う、刺激的で楽しい場所にいつでもいける東京。買い物行くにも自転車で20分くらいかかるし、ナイトライフはほぼないTaabaek(私の滞在地)。だけど、豊かな自然と静けさが心地よいTaabaek。どちらがいいとは言えないけれど、デンマークの方が人間らしい生活をしてる気になれました。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です