6月から年末まで3カ国に滞在してみて、趣味でやっているランニング・ロードバイクでデンマーク・スペイン・日本を比較してみる

6月から年末まで3カ国に滞在してみて、趣味でやっているランニング・ロードバイクでデンマーク・スペイン・日本を比較してみる

思い返せば昨年の6月後半から12月末まででデンマークに1ヶ月半・スペインに4ヶ月・日本に2週間と転々としてきました。どの国でも自分の趣味であるランニングとロードバイクは欠かさずに楽しんでます。そこで今回は、ランニングとロードバイクという観点で3カ国を比較してみました〜

デンマーク(コペンハーゲン)

自転車大国ということだけあって、どこにでもバイクレーンがある。そして、少しダウンタウンから離れるとなんとランニングレーンが存在することも。やはり抜群の先進国だけあって、国をあげてスポーツを押している感じ。特にロードバイク人口はかなり多く、街を自転車で走っていると歩行者より自転車が優先されることもしばしば。そして、ロードバイクで街中・郊外を走っているとすぐに追い抜かれる。笑 流石に自転車大国でみんな体も大きいので、少しでもロードバイクをやっている人は早い!逆にランニングでは追い越されたことがない。笑 自転車が得意で体が大きい分、体重が軽い方が優位なランニングは苦手なのか。それともただ練習してないだけなのか。とにかく、自転車はほぼ誰にも敵う気がしませんでした。。笑

スペイン(バルセロナ)

バルセロナはマラソンが結構盛んなだけあって、ランナーがたくさんいる。朝5時台から走っている人もいれば、夜かなり遅くまで走っている人もいる。そして、みんなランニングのペースが速い!! 自分は多少、ランニングに自信があるものの、趣味でランニングをしているであろう地元民にも抜かれることがしばしば。。逆に自転車に関しては、バイクレーンはあるもののそんなにみんなそこまで速くない。だけど、かなり多くの人がロードバイクやマウンテンバイクを楽しんでいる。その意味でかなりバランスのとれた感じがする(ロードバイクとランニングしか比べていませんが。)。バルセロナ民もみんなスポーツを楽しんでいます!!

日本(東京)

ランニングが圧倒的に人気な気がする!ロードバイクをしている人もいるけど、そもそもバイクレーンなんか存在しないし、車線を走ると結構危ないから普通の人はまずロードバイクに乗らないと思う。逆にランニングは、皇居の周りを中心に大人気といって差し支えない。走るスピードはそこまで速くないけれどスポーツを楽しむというよりは健康志向でランニングをしているという感じ。

3カ国のまとめとして、デンマーク→ロードバイク・スペイン→ロードバイクとランニング・日本→ランニングという結論になりました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です