MBA夏休みのまとめ、プライベート・仕事それぞれで感じたこと

MBA夏休みのまとめ、プライベート・仕事それぞれで感じたこと

MBAの夏休みも終わりバルセロナでの生活も徐々に地に足がついてきたところですが、今更ながらMBAの夏をヨーロッパ旅行および日本で過ごしたまとめ、感じたことを書いてみようと思います。

日本でのインターンシップ

ヨーロッパで1年過ごして日本に帰ってきてすぐにインターンが始まって最初は仕事の感覚や日本で働くことに違和感を覚えるのではないかと思ったけれど、想像以上にすぐにどっぷり日本に使ってしまった。笑 大きな気づきとしては自分の進路がはっきり見えてきたことである。MBA1年目・インターンシップを通じて様々な選択肢にふれて、これからも選択肢という意味ではまだまだ観れるものがあるかもしれないけれど、自分のやりたいことと出来ることがきちんとマッチした業種って思ったよりも少ないと気づく。その中で、インターンさせてもらった先の業種がまさに数少ない自分のストライクゾーンであることに気づくと同時に、働いていた人たちとのフィットもかなり大きかった。こんなに色々な選択肢を短い期間にみれるのはMBAでの醍醐味でもあり、そういった意味ではMBAにきて本当に良かったと思っている。

日本での生活

スペインとの単純な比較でいうとすごく便利。特に家の性能が何年も先に進んでいる。スペインのマンション(フラット)はすごく古くて(それがいいのだが)、電気・水道とか基本的なインフラでかなり苦労することが多い反面、日本のマンションの素晴しさたるやいなや。。一方で、日本特有の息苦しさは拭えない。電車とか都心とかは、みんな忙しそうにしているのをみるとなぜか自分も落ち着かなくなってします。もう一点、特に自分が不便を思ったことは、ベジタリアンという観点で日本で続けていくにはかなり厳しいことを思い知らされた。海外ではベジタリアンは普通である一方で、日本はベジタリアンという考えが浸透していないから、レストランに行く時はもちろん、スーパーとかいっても野菜の種類があまりなく、、結構厳しい生活を強いられた。長い目で見れば、海外での生活の方が精神的に楽なんだろうな〜と考えさせられる夏だったと同時に、その日本で卒業後は働いていくという覚悟を求められる夏でもあった。

夏のヨーロッパ旅行

夏のヨーロッパ旅行は最高です。笑 夏はハイシーズンでどこにいっても混雑して宿泊施設の料金も上がっていますが、それでも旅行するには絶好の季節!そんな最高のヨーロッパのうち、ギリシャとトルコを旅行してきたのですが、ギリシャは典型的なリゾート・トルコはエキゾチックな感じもあり少し冒険できる部分もあったので、色々な要素が楽しめた旅行でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です