MBAで大切な価値観とは? クラスメイトや日本人同期からのもらった助言

MBAで大切な価値観とは? クラスメイトや日本人同期からのもらった助言

日々MBAで選択をせまられたり、チームワークの中で自分の存在意義を問いだたされたりする中で、弱い自分は本当に正しいのか?とか、何か失ってるのではないのか、とか様々な思いが頭をよぎる。そんな中で、自分をいつも保っているにはちゃんとした自分の価値観を持っていることが大切。先日、MBA同期と話した価値観を共有したいと思います。

人と比べない

これは、どんな時でもそうだと思うけど、結構忘れがち。周りに優秀な同期がいる中で、どうしても自分を相対評価してしまう。日本人に特にありがちな考え方。そうすると劣等感だけがつきまとってポジティブな気持ちでいられなくなる。人と比べることをやめて自分と向き合ってちゃんと反省する。その姿勢がMBAで何より重要だと思い知った。

自分が全部できるわけではない

これも最初のポイントと少しかぶるが、チームメイトと色々なプロジェクトをする中で、自分のできることできないことが出てくる。当然、自分の専門分野でない部分はチームメイトの方が数倍優れてるしアウトプットも歴然。でも、なんでもやりたくなってしまう。。これもちゃんと割り切りが必要。自分のできない部分は学ぶ姿勢を持って少しでも吸収して、相手を尊重すること。これもMBAで大事なこと。

MBAでやりたいことを全部できるわけでない

MBAは2年間あるけれど、オプションの数は無限にある。とにかくやりたいことがたくさん出てくる。ちゃんと取捨選択しないと路頭に迷って、最終的に後悔することに。。それを避けるためには、全部やりたいことはできないんだって理解して、優先順位をつけて行動すること。 そうすれば自然と自分のやりたいことももっとクリアになって、充実したMBA生活を送れる。
上に書いたことは、人生という長い道のりでも大事な考え方だと思う。この先、MBAを卒業してもここで書いたことをいつも考えながら過ごしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です