スイスアルプスと本場のオクトーバーフェスト

   スイスアルプスと本場のオクトーバーフェスト

日本からスペインに戻り、2年生が始まって早々にスイスとドイツに行ってきました〜 インターンの反動で週末は色々なアクティビティーに繰り出しています!! この時期にしか楽しめないことというテーマで9月はスイスのアルプスとドイツミューヘンのオクトーバーフェストを存分に楽しみました。その時の様子など書いてみたいと思います。

スイスのアルプス!

スイスはグリンデルワルトに滞在してきました。ユネスコ世界遺産に登録されているユングフラウやアイガーへのトレックの拠点となる集落です。まず、アルプスについた感想は空気が澄んでいてきれい。いつまでもここの空気に包まれていたい気持ちになる。各アルプスにはトレックコースが何種類も用意されていて非常に歩きやすいのが特徴。初心者やお年寄りにも楽しめるコースから、かなり上級者向けのコースもありどんなレベルの人も楽しめる。そして最大の目玉はヨーロッパ屈指の山脈であるユングフラウの山頂まで鉄道で行けることである。標高は富士山よりも高く、もちろん夏でも雪がある。こんなに鉄道が整備されている山脈は他にないと思うし、それでいて富士山ほど観光地っぽくなく自然がそのままある。
他に感じたこととしては、市内からアルプスまでのアクセスが非常にいいということである。電車を使えば2時間くらいでアルプスのトレックコースまで行けるので、郊外に遊びに行く感覚で登山を楽しめる。東京では、まさかアルプスまで電車で気軽に行くことはできないから、その点でスイス素晴らしいと思った。また、9月のアルプスは暑くもなく寒くもなく、天気さえ良ければハイキングにすごくいい季節です!

 

本場ミューヘンのオクトーバーフェスト!

ミューヘンのオクトーバーフェストはクラスメイトと一緒に行ってきました! 日本でもオクトーバーフェストは行ったことあるけど、本場は規模が全く違う。巨大なテントが10個くらい用意されていて、テント中では何百もの人がビール片手に宴を挙げている。演奏に合わせて歌ったり、巨大な肉を食べながらビールを楽しんでいるのが印象的だった。そしてビールは1L。。ビールグラスが1kgなので、合わせて2kg。一日中、ビールグラスを持っていたので手首が痛くなりました。笑
あと、印象的だったのがアジア系以外の民族はどれだけ飲んでも潰れるということをしない。そもそも飲める量も全然違うと思うけど、酔い潰れないのが本当にすごいと思う。日本では酔っ払い的な人がたくさんいるけど、なぜか海外では見かけない。。これは、みんなこのように教育されているのか、もしくは日本が安全だから酔い潰れても平気でいられるのか、どちらかな気がする。笑 自分はかなりオクトーバーフェストで酔ってしまったけれど、本場を体験できて本当に良かったと思います!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です