公認会計士試験 vs 海外MBA どっちが難しい!??

公認会計士 vs 海外MBA どちらが難しい

三大国家試験の一つである公認会計士試験とMBAトップ校に合格するにはどちらが難しいか!?? 多少気になる疑問ですが、完全な個人的意見を少しばかり書いてみました。

勉強時間 CPA >> MBA

公認会計士試験の方が勉強している時間は長かったと思います。大学1~2年のほとんどを公認会計士試験の勉強に費やしていた一方(最後の1年弱は朝7時すぎに予備校に行き夜9時くらいに帰る感じ)、MBA受験は仕事と両立させなければならないため、どうしても1日平均3時間程度しか時間が作れない。 その分、MBA受験の方が長期戦になりがちだと思いますが、それでも公認会計士試験の方が長い時間勉強していたと思います。

受かりやすさ MBA >>> CPA (MBAの方がきつい)

公認会計士試験は短答式試験(選択式)・論文式試験(記述式)の2回のみ。テストで点数取れるか取れないかそれで終わり。一方、MBA受験はテストの他に様々な要素が絡み合ってきます。ざっと思いつく要素をあげると、TOEFL(テスト)・GMAT(テスト)・職歴・社費or私費(奨学金の有無)・Essay・Interview・推薦状・出身大学・GPA・その他海外での経験等、、かなりの要素が絡み合うため、MBA受験を志してスタートする時点で結構な要素が決まってしまっています。過去に戻って変えられないことが多い点でMBAのTop Schoolに合格することは結構きつい。。
また、公認会計士試験は勉強方法が確立されていて、どこか大手の塾に通ってきちんと勉強すればかなりの確率で合格が見えてきます。一方でMBA試験は、帰国子女の場合・そうでない場合 / 会社で頻繁に英語を使う・使わない場合等、バックグラウンドで勉強のアプローチも異なり、また受験の進め方も受験生個人でブログで調べてみたり先輩から聞いたりと、手探りでやっている方が多い。この教材をやれば合格できます、みたいな分かりやすい合格ルートが存在しないこともMBA受験が難しいと言われる所以と思います。

精神的苦痛 MBA >>>>> CPA

個人的には、MBA受験の方がきつかったです。公認会計士試験の受験生の多くは学生であったり、会社を退職して勉強に専念しているため、自分との戦いで完結できます。一方、MBA受験は仕事との両立が大前提になるため、仕事量をマネジメントしながら、勉強しなければならない。今まで100%の力で仕事をやってきたにも関わらず、そのコミットメントができない。なんとなく誰かに迷惑がかかってしまっている状況になります。また、タフな仕事の後、勉強をしなければならない状況が2~3年続くことを鑑みてもMBA受験の方がきつかったと言わざるを得ません。

以上、完全に個人的な意見ですが、MBAを検討されている方々(特に公認会計士のみなさま)の参考になればと思います。個人的に相談等あれば、Contact からメッセージいただければと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です